健康

このまま認知症の老人が増え続けたら、どうなるんだろう?

更新日:

当たり前のことですが、母がお世話になってる施設に行くと、老人ばかりです。

しかも、呆けてる人、足腰が不自由な人、そう、元気なお年寄りではないのです。

もちろん、長生きして欲しいし、幸せに終わりを迎えてほしい、って思う。

でも、呆けたお年寄りのために、若い人が、おむつを交換して、食べこぼしを掃除して、、、それでいいのかな?って感じるのも事実。

元気に呆けずに、100歳まで生きて、ぽっくり逝けたらいいんだけどな。

でもね、この調子だとぼけ老人は増えるばかりで、ますます若い人の負担が増えるよ。

若い人の未来が「老人の介護」って、切ない。

何とかならないもんですかね、、。

やっぱり外国人を積極的に受け入れる、とか?

そして、自分ができることは、自分が年をとった時、呆けないように今からできるだけの準備と行動をしておくこと。

呆けたら治ることはまず、無理だから、呆けないように、予防しなくちゃ。

-健康

Copyright© 日々是空なり それって、本当に必要? , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.