健康

呆けても、何も分からなくても、生きていて幸せなのか

更新日:

うちの母は、呆けてるけど、私のことはまだ分かる。

私は母とは仲が良かったわけでもないけど、でも、今改めて、きちんと愛情深く育ててもらったんだと、この歳になって改めて思う。

だから、心不全で「死ぬかもしれない」という状態になった時は、心底辛かったし、泣きまくった。

今、母は、毎日分からないことが沢山で、不安で、生きているのもしんどいのかもしれない。毎日「分からん、分からん」ってぶつぶつ言ってるし。

でも、私は生きていて欲しいって、心から思う。

突き詰めれば、呆けて、わけがワケが分からなくなっても、それでも生きていてい欲しい、と願う人がいれば、それは、その人のために、母は生きることで使命を果たしているのかな、って気がする。

私は、呆けてワケが分からなくなったら、さっさと死にたいと思うし、その準備をしておかなくちゃ、と思ってる。

でも、母にはどんなになっても生きていて欲しい。

矛盾してるけど、生きるって、矛盾だらけだから、そんなもんだよね。

-健康

Copyright© 日々是空なり それって、本当に必要? , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.