健康

宮迫博之さんと吉本興業とギャラと収入保証と芸人さんのことを考えてみた

更新日:

吉本所属の芸人さんに、収入保証というか、最低賃金の保証を検討するような声が出ています。芸人さんのギャラが少なすぎて、闇営業するしか、生活するしかない、というのがその理由。

うーんんん。芸人さんって、売れてなんぼの世界でしょ?それを分かっていて吉本に入っているのだから、最低賃金保証を求めるなら、他の仕事をしたらいいのに、っていうのが私の考えです。

そもそも、路上ライブで自分の芸を披露して、拍手もらって、投げ銭もらって、というのが芸人さんのスタートですよね?

生活するには、投げ銭を頂戴するしかない、となれば、芸を磨くしかない、どうやったらお客さんに受けるか、楽しんでもらえるか、考えて、工夫して、切磋琢磨して、努力に努力を重ねて「面白い!すごい!」と、お客さんに思ってもらい、そして、投げ銭をもらって、お客さんが増えて、投げ銭が増えていく。

これが元々の芸人さんのスタートでしょう?

でも、今は、まず「吉本」に入る。入ったら、小さくても、お客さんが少なくても、立つ場所は用意されている。その場所で芸を披露できるわけです。

路上ライブは、まず、お客さんを集めるところから芸人が頑張らねばならないわけです。その一番大変で力が必要なところを吉本がやってくれる。

これ、駆け出しの芸人さんにとっては、ありがたいことで、感謝こそすれ、報酬がないとか、給料がでないとか、文句言うところじゃないと思うのです。

24時間ロケで、7500円のギャラが安い。うーん、安いんでしょうね。

でもね、世の中には、もっと低賃金でいいように使われている人、いっぱいいますよ。

24時間ロケで、7500円でも、上手に編集してもらって、笑いをとって、視聴者に名前と顔を覚えてもらって、それで、人気者になれるきっかけがつかめるなら、7500円なんて、おまけどころか、人気がない芸人さんなら、「払ってでも出してください」って感じじゃないかな?

そもそも、お笑い芸人、多すぎません?そんなに必要ですかね?
もっと、職業として必要とされている職種ってありますよ。

そりゃ、自分が好きなこと、楽しいこと、やりたいことを職業にしたいと思う気持ちは分かります。でも、適性もあれば、芸人なんて、その時代にあっているかどうか、も大きなポイント。

誰もが売れるわけじゃない。そこを分かってなくて、「吉本」に入れば売れる、売り出してくれる、って甘い考えて芸人を初めて、給料が安いって、文句言ってるなら、それは、違うと思うんだけど、、。

-健康

Copyright© 日々是空なり それって、本当に必要? , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.