健康

50歳を過ぎたら自分の社会的価値と存在意義を見つめなおそう

更新日:

50歳過ぎたら、もう立派に初老です。

認めたくないけど、動物としては、死ぬ準備を始める年代です。

でもねー。好きな時に都合よく死ねない。痛い思いをして死ぬかも知れないし、病院のベッドで意識もなく横たわってる脳死状態で日々過ぎていくかもしれない。

とにかく、先行きが不透明すぎるんです。だから、みんな心配なんだろうなー。

私は50歳過ぎたら、それなりに働いてきて、自分の社会の中での立ち位置が分かって、今後どうやって生きていくか、を見定めるべきだと思うのです。

人生100年として、50年。半分残ってます(汗)

で、私のすすめは、一生できる仕事を持つ、作る。これに尽きます。

お金がいっぱいあって、「いや、働かなくて大丈夫なんですよ」って人にも、強く「働く」ことを勧めます。

働くことで、自分の存在を肯定できるし、何より、元気でいられる可能性が高くなります。

なんか、今日はちょっとしんどいなーって時でも、会社に行かなくちゃ、って思うと、何とか起きられたりするもんです。

だから、仕事を持っておくことで、自分の生きるパワーになるし、日々の活力になります。

今まで自分がやってきた仕事。かかわってきた人、自分はどんなことをどんな風にやってきたのか?見直して、これからの生活、仕事について、考え直してみて、よし、これからは、今までやってきた仕事を生かして、この仕事を副業で始めてみようとか、発見して、始めて、続けてみよう。

まだまだ、残りの人生は長いから、、、、、元気なうちの準備が一押しです。

-健康

Copyright© 日々是空なり それって、本当に必要? , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.