健康

働き方改革は自分でやるべし

更新日:

会社員として働いていると、「その会社の常識」が世間一般の常識と勘違いしてしまうことも多い。

残業が当たり前、とか、売り上げ上げるためなら、多少イケナイコトをしてもいい、とか??

疑問を感じる時間も、自分で考える時間も与えられず、ひたすら働く「社畜」たち。

そろそろ、そういう働き方からは卒業すべきと思うのですよ。

で、そのためには何が必要か、というと、ずばり「余裕」だと、私は思ってます。

会社からのお給料だけで生活していると、どうしても「余裕」がない。つまり、会社をクビになったらどうしよう、なんて想像してしまうと、怖くて仕方ない。つまり、会社に嫌われないように気に入られるように、必死に働くしかない、という状態に陥ってしまうわけ。

でも、これが、会社以外に収入があれば、多少仕事をさぼり、売り上げが減り、上司にがみがみ言われても、副収入という「余裕」があるから、けっこう平気でいられる。

いや、もっと言えば、副収入を得る手段を持ってる自分=自信がある状態なので、会社での嫌なこと、腹立つこと、イライラすることも、「余裕」があれば、やり過ごすことができるもんです。

もちろん、最初から副収入を得るのは難しいです。でもね、1週間に1日でもいい、1日1時間でもいい、何か、副収入を得られるように準備することで、必ず報酬を得られます。

今は昔と違って、ネットがあって、スマホがあって、どこでも仕事ができる体制が整ってます。これを利用しない手はない!

まずは、一歩踏み出して、「社畜」から、抜け出す努力を始めようではないか!

-健康

Copyright© 日々是空なり それって、本当に必要? , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.